お彼岸

私の両親と長女の永代供養をしていただいている
名古屋市千種区にある高見寺さんに
家族でお彼岸のお参りをさせていただきました
お彼岸やお盆には 毎回大勢の参拝者で
本堂はいっぱいです
しかし今回は様子がいつもと違っていました
本堂に並べられている椅子と椅子の間隔が
大きめに開けられていているのに加え
中に入らなくてもお焼香ができるように
入り口にも数台の香炉が置かれていました
いつもならご住職と二人の息子さんたちが
10時に一回だけ読まれるお経ですが
この日は短めで 30分おきに
何回か読まれるという形でした
そのせいもあってか 本堂内の参拝者数は
かなり少なく感じられて
入り口でお焼香だけ済ませて帰られる方を
何人かお見受けしました

またいつもなら 手作りの炊き込みご飯が
参拝者にお弁当として振る舞われるのですが
この日はその代わりとして”火消し”と
”お墓参りセット”のどちらかが頂ける
ということでしたので 私は”火消し”を頂きました

ご住職はじめお寺の皆様の
精一杯の工夫がなされたとてもありがたい
「春季永代経」の一時でした
ありがとうございました

 

新型コロナウイルスによって亡くなられた
方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます
このような事態が一日でもはやく
収束しますように 合掌

 

コメントを残す

前の記事

うらら桃酒

次の記事

コブシの花